11月11日はポッキーの日

ポッキーはとても美味しいです

11月11日はポッキーの日だそうです。
なぜポッキーの日かというと、月日を示している4つの1がポッキーみたいだからだそうです。

Namesilo . How about this DraftKings promo code free entry そんなダジャレみたいな話はさておいて、ポッキーはとても美味しいです。
現在のポッキーは1本の4分の3くらいまでしかチョコでコーティングされていませんが、昔のポッキーは全てチョコでコーティングされていたそうです。
しかし全てチョコで覆われていては手が汚れてしまうということで、持つ部分としてチョコが付いていない部分が生まれたと言われています。

さて、私の好きなポッキーは細いタイプです。
普通のポッキーも十分細いのですが、それよりも細いポッキーがあるのです。

ポッキー極細と言われているもので、さらに食べやすくなっています。
なぜかポッキーは洒落たバーにもあるのです。

たまにおつまみとして存在するので食べるのですが、お酒とポッキーの組み合わせは案外悪くないのです。
クラッカー部分がいい箸休めならぬグラス休めになります。

去る者は、静かにひっそりと去るのが良い

この間、毎月の仕事の締日で私はバイト先の人事の人に呼び出され、こう言われました。
次の締日で申し訳ないけど辞めてくれないかしら?と。

私の思考は一瞬凍りつきました。
すると、この会社は実は結構業績が悪化しており、他にもたくさん辞めてもらう方向だと言うのです。
フリーターの私だけではなく社員も辞めさせられるとなると、それはかなりのリストラということになります。

話を聞きながら脳内では、給料がもらえなくなった時の保険としての新しいバイト先をどうするか?とか、バイトが決まらなかった時はどうするか?などの検討をグルグルしていました。
でもまぁ結構何とかなるかな?と言う事で、その場はそんな感じでやり過ごしたのです。

職場では、私が来月半ばにしてこの会社を去る事を知っている人は、直属の上司のみの様でした。
他の仲間は全くその事実を知らない様子です。

私はどのタイミングで皆に打ち明けようかと悩みましたが、結局最後の日まで言わない事にしました。
何故なら今言ってしまったらきっと、お別れ会だとか何とかされて色々面倒な事になるかも知れないと思ったからです。
発つ鳥は後を濁さずと言う事で。

退社する日、私は皆の机の上にこっそりサヨナラの手紙を残して去りました。
多分これがきっと色々ベストなんじゃないかと、そんな気がしたのです。

Sitemap